初めてでも簡単!消費者金融 header image 1

消費者金融 審査基準

消費者金融は利用者の信用を担保として融資を行っているため、本当に融資を行っても返済されるかどうかを確認するために、必ず事前に審査を行います。
この審査基準というのはどのようなものなのでしょうか。

消費者金融では、審査方法として属性モデル像を利用しているところが多いようです。

属性モデル像とは、その業者が持つ過去の顧客データの中から審査対象者と一番近いと思われる人物をピックアップして、その人物の返済状況などを審査対象者の未来像と見立てる方法です。
これには多少の運もあり、たまたま滞納や返済不能に陥った利用者が属性モデルとされてしまった人は、審査に通らないと言う事もあるのです。

この他に、現在日本に5社ある信頼情報機関への照合が行われます。
ほとんどの消費者金融がこの内のどれかの信頼情報機関と契約していて、審査対象者の顧客情報の真偽や債務情報の確認を行います。
申し込み事項に虚偽の記載があったり、複数の金融機関から借り入れを行っていたり、過去に金融事故を起こしていたりする人は、審査に通りにくくなります。

また、申し込み書の記載内容の真偽の確認のために、在籍確認、在居確認が行われます。
記載された勤務先に本当に勤めているか、住居に実際に住んでいるかの確認をするのです。
以前は、実際に業者の人間が職場や住居に出向いて確認していましたが、審査にもスピードが求められる昨今では電話で行われる事がほとんどです。
その際にも、消費者金融を名乗って電話をかけてくるような事はなく、個人名を使う為、職場の人間に消費者金融に申し込みをした事を知られる心配はありません。

即日審査・即日融資などといううたい文句が最近では良く聞かれるようになりました。

利用者の多くが、より簡単によりスピーディーな対応を求める時代です。
これに対応するため、審査方法を、自動審査と本審査の2段階で行う業者も多いようです。

コンピューターによってわずか数秒で終了する自動審査に通った人に対して、人の手で本審査を行うのです。

次は、審査終了後、実際の消費者金融の利用についての話です。