初めてでも簡単!消費者金融 header image 1

利息の話

消費者金融に限らず、借金をした際に借入残高と借入日数に対して課されるのが利息です。
借金完済とは、借入金額に利息を上乗せした総支払金額の返済を終了する事を言います。
利息がつくのはどこから借りても変わりはありませんが、その利率は借りる業者によって変わってきます。

消費者金融は銀行系等に比べると、利率は高くなる傾向にあります。
それは、審査の際に保証人や収入証明の提出などが不要であるなどの、消費者金融の性質上当然の流れではあるようです。

本来利率というのは、貸主が自由に設定できるものとされています。
それに納得した借主が書面で契約を行い取引成立となる訳ですが、その際の利率の上限が法律で定められています。

以前はこの利率の上限に関して、グレーゾ―ン金利が問題視されていました。
グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められた上限金利と、出資法で定められた上限金利の差であり、刑罰のない利息制限法を違反した金利での貸付を行う業者が後を絶たなかったのです。
現在では法改正されて、借入金額がいくらであっても20%以上の金利を課した貸主が刑罰の対象となっています。

また、利息制限法では、借入金額に応じて上限金利が15~20%とされています。例えば100万円以上の借入額に対しては上限15%となっている訳です。
それにもかかわらず貸主が20%の金利を要求した場合には、借主はたとえ契約書を交わしていたとしても15%をこえる金利分については支払い義務はないものの、貸主に刑罰はないと言う事になります。

利息は、返済期間が長くなるほど最終的に多く支払う事になります。
また、利息制限法を見てもわかるように、大口の融資より小口の融資の方が利率としては高くなる傾向にあります。
このため、複数の消費者金融から融資を受けている場合は、おまとめローンなどで借金を一つにまとめる事で最終的に支払う総支払額が抑えられることもあります。
これは、借入元本に変化はないものの、利率が低くなって利息分の金額が減る可能性があるためです。
ただし、いくらまとめて利率を下げても、安心して月々の支払額が減少すれば支払期間が長期化することになり、総支払額が高くなる事もあるため、計画的に行う必要があります。